志宇知 咲
物流ビジネスコンサルティング部
HR・マーケティングラボチーム
2019年入社/立命館大学 産業社会学部 現代社会学科 メディア社会学専攻
広告マーケティングのゼミに所属し、企業が主催する広告コンペでプレゼンを行ったり、3回生以降はゼミ一色でした。 自己主張の強い人間しかいなかったので、グループワークでは毎日意見のぶつかり合いでした。 ただそのおかげで、ものごとを論理的に考え、自分の意見を発信する力は相当鍛えられたと思います。すごく真面目に答えていますが、それ以外では遊び倒していました。
就職活動の時に軸としていたのは、「自身が直接価値を提供できる仕事」かどうかということです。
人のために何かをすることが好きで、感謝されることにモチベーションを感じます。仕事においても、”わたし”が行ったことで大きな価値を提供したいという思いがありました。
     

縁の下から物流業界をもっとよりよくする!

中小運送会社の業績アップを目標としたコンサルティングを行っています。
経営者には誰しも「会社をもっとこうしていきたい!」という思いがあります。その熱い思いをくみ取り、実現のためにサポートしています。コンサルタントという職種は、お客様の会社の業績を上げるための黒子です。
人手不足の企業には人材採用を、社員の定着に問題がある企業には充実した教育プログラムの構築を、ビジネス拡大を目指す企業には新規顧客開拓を。
お客様の課題を分析し、お客様のあるべき姿を現実にしていきます。
今後、私が積極的に行っていきたいことは「物流業界の女性活躍の促進」です。 全産業の女性社員登用比率は50%に近づいてきているのに対し、トラックドライバーとして働く女性は全ドライバーの2%しかいません。 女性活躍をはばむハードルをなくし働きやすい環境を整えることで、より多くの女性がドライバーを志望し、活躍できるような業界にしていきます!

お客様の業績アップに貢献

あるお客様より、ドライバー不足を解消してほしいとご要望がありました。そこで、採用コンサルティングにおいて人材の確保および社内体制の構築を行いました。
まずは応募数の確保のためにWEBを中心とした採用活動から取り掛かりました。複数の広告を活用し、数値分析・改善を重ねていく中で徐々に改善していきました。
また、働く社員にとっての魅力的な環境作りにも着手し、従業員の心身の健康状態やエンゲージメントを可視化し、洗い出した課題に対して改善提案を行っていきました。
1年かけて人員を充足させ、また運送会社において県内で1番の人気企業として選定されるまでになりました。
初めて自分が担当したお客様であり、言葉では表すことができないほどうれしかったです。
お客様にも「志宇知さんのおかげです」と言っていただいたときのあの感情は今も忘れられません。人員不足が解消され、今は、次のステップとしてビジネス拡大のための新規顧客の開拓のお手伝いをしています。
     

自分の成長を促してくれる環境と人

一番の志望動機は、成長スピードの早さ(成長機会の多さ)です。
20代の若者の意見を、1企業の経営者が真剣に聞き入れてくれる仕事は他にはなかなかありません。
経営者と対等の立場で議論するにおいて、日々の絶え間ない自己研鑽はもちろん欠かせませんが、 価値を提供するため、またプライドを持って仕事する以上必要なことだと思います。
二番目の志望動機は、レベルの高い人と共に働ける環境です。
船井総研ロジでは上司や先輩と同行する機会が多いのですが、新しい発見や気づきがあり勉強の連続です。 教えることが好きな上司や先輩が多い環境なので、成長スピードが他社よりも早いのではないでしょうか。
相互に与えあえる関係になりたいですが、当分追いつけそうにないです(笑)
ADVICE
私は何がしたいのかわからないまま、モヤモヤと就職活動をしている時間が長かったです。
もし同じように悩んでいる人がいるならば、自分が「ありがとう」と言ってもらえることはどんなことか、考えてみて下さい。きっとそれが自分の得意なことであり強みです。