河内谷 庸高
物流ビジネスコンサルティング部 部長
エグゼクティブコンサルタント
2006年入社/神戸大学卒
経済学部に在籍していましたが、当時から経営にも興味があり、経営学部の授業も受講していましたね。ふと目にしたテレビ番組に映っていた経営コンサルタントの仕事に興味を持ち、大学3年生からは簿記や中小企業診断士の勉強も始めました。大手の経営戦略構築ではなく、中小企業の経営者とひざを突き合わせたコンサルティング業務に魅力を感じていましたので、コンサル会社中心に就職活動をしていました。自分自身を商品にしたいという想いもありましたね。

中小企業の経営者と
その社員を幸せにする

日本の流通を陰で支える物流業。
重要な社会インフラとして、改めて今注目を集めている、物流社・運送会社向けの経営コンサルティングを行っています。中期経営計画・戦略の策定から、その戦略を具現化するための実行支援まで、幅広く行っています。
年商は10億~30億円規模で、地域No1(またはそれを目指す)物流会社が主なクライアントです。また、中には数百億を超える業界トップ100に入る大手物流会社もクライアントにおり、IPO(株式市場)を目指している支援先もあります。

仕事で接する人全員のモチベーションが高いことが
刺激とやりがいにつながる

クライアントの経営者、また社内の先輩・同期など、仕事で接する人全員モチベーションが高く、上昇志向が強く、前向きな人が多いので、日々刺激が多く、非常にやりがいを感じます。

1年目からコンサルの現場に出ることができ、成長スピードが早い

弊社の給与基準は外資系のようなUPorOUTほどドライではありませんが、成果報酬型でもあるので、やればやっただけ稼げます。また、内資系コンサルティング会社で日本一を誇る組織力や、グループ独自の船井流経営法は船井総研ロジの強みだと実感しています。中小企業の経営者向けのコンサルティングを主力としており入社1年目からコンサルの業務に携わることができるので、個人の成長スピードは他社と比べてもかなり早いように思いますね。自由な社風も個人の成長を促す要因かもしれません。
ADVICE
どのような仕事をしたいと考えることはもちろん大事です。それと同じぐらいどのような仕事はしたくないのか、という観点から就職先を選ぶことも大事だと思います。